NFSJの主な活動

ノット・フォー・セール・ジャパンの働きの中には、皆さんと一緒にできる活動もたくさんあります。ぜひ、ご参加・ご相談ください。

1. 世界と日本の人身取引について広く伝える活動をしています。
A) 講演会
人身取引の種類、世界の動向、日本の現状、私たち市民のできることなどについてお話しし、Q&Aやディスカッションを行います。お話しさせていただく機会を募集中です。ぜひ気軽に声をかけてください!

B) 出前授業
中学、高校、大学等の授業に招かれて講義を行っています。いくつかの大学では「英語」の授業で、NFSJの英語ネイティブメンバーが人身取引のレクチャーを行いました。

C) イベント出展
国際交流、市民活動等をテーマとするイベントに出展しています。ポスター展示のみ、展示と説明、展示とワークショップなどいろいろな形式に対応可能です。

D) 映画「ネファリアス−売られる少女たちの叫び−」上映
http://nefarious.jimdo.com/
映画の上映と合わせて、人身取引とは何か、世界や日本の現状、課題などについてもアフタートークなどでお知らせしています。共催団体募集中。

E) NFSJカフェ
主にスタッフメンバーが興味を持っているテーマを持ち寄るカジュアルな情報交換会です。1年に3〜4回、一般公開で行っています。

F) Facebook・ツイッター・メルマガ等での情報提供
日本および世界の人身取引に関するニュースをシェアし、お知らせしています。ぜひ、内容を読み、またシェアしてください。
メルマガの登録はこちら:https://sv5.mgzn.jp/sys/reg.php?cid=R310649

G) オリジナル資料の作成
人身取引を理解するための小冊子、公正な購買活動を促すチラシ、被害予防のための啓発マンガの日本語版印刷等、独自の資料を作成しています。

H) Bookリストの配布、公開
人身取引を知るために読むべき推薦本のリストを作成しました。
ブックリストへ

2. ネットワークを通して日本政府や企業、消費者に具体的な行動を働きかけています。
A) 「人身売買禁止ネットワーク (JNATIP)」に参加
http://jnatip.jp/
https://www.facebook.com/jnatip/
他団体と連携しながら、日本政府の人身取引対策方針に意見し、よりよい対策がとれるよう内閣府、各省庁と定期的な交渉を行っています。

B)「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」(2016年発足)に参加
http://cnrc.jp/
https://www.facebook.com/cnrc.jp/
消費者に向けては持続可能で倫理的な消費行動をとるための情報提供、企業に対しては製品のサプライチェーンに関する情報公開等を働きかけていきます。